朝ごはんをしっかり食べる人の中には、「朝食は絶対に和食」だという人もいるのではないでしょうか。白いご飯に、海苔とお味噌汁、そして卵と焼き魚というメニューは、腹持ちも良く栄養のバランスも理想的です。朝に白いご飯をしっかり食べないと、午前中に空腹になってしまい、仕事や勉強に集中できないこともあるでしょう。朝食にご飯などの炭水化物を食べることは、脳の活性化にもとても効果的で、朝の目覚めも良くなるのでお勧めなのです。もちろん、朝食に和食メニューを食べるのは良いのですが、毎日同じメニューではなく、たまには洋食の朝食を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

洋食の朝ごはんの定番といえばトーストと目玉焼きとサラダなどですが、トーストは消化が早いため、すぐにお腹がすいて昼までもたないという意見もあるかもしれません。朝にしっかり食べて活動したい人はあえて洋食を朝食にしないでしょう。しかし、洋食の朝ごはんとして最近流行っているのが、パンケーキの朝食です。食パンやロールパンとは違い、フワフワに焼き上げたボリュームのある生地は軽い食感と口当たりで、女性でも数枚くらいペロリと食べることが出来ます。しかも材料に卵や牛乳も含まれているので、食感は軽くても腹持ちが良く、お昼前に空腹になって集中出来なくなるような事態も避けられるでしょう。

パンケーキと聞くと、和食派の人は「朝から甘いものなんて食べたくない」と抵抗を感じるかもしれません。しかし、パンケーキ生地自体は小麦粉と卵の味ですから、ベーコンやサラダなどのおかずとの相性も良いのです。スープと組み合わせれば、お腹からしっかり体を温めてくれるでしょう。

また、たまにはお店でパンケーキのモーニングメニューを楽しみ、優雅な朝の時間を過ごすのも悪くないでしょう。最近はファミリーレストランなどの飲食店でもバラエティ豊かなモーニングメニューを提供するようになりました。お店で食べる美味しいパンケーキと共に贅沢な時間を味わえば、一日を過ごす活力も湧くはずです。